×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式併合とは。

株式併合とは

資本金を減らさずに、いくらかの株式を1株にまとめて発行済み株式数を減らすこと。例えるに、2株を1株にまとめると(この比率を併合比率といいます)、発行済み株式数は2分の1になります。2000株所有していた人の持ち株数は1000株になる。しかし、株の値段は理論的には2倍になり、資産価値には変化を及ぼしません。しかし、株式価値は同じであっても、株式併合は株主にとって不利になります。株式併合が行われることによって、1株に満たない株が生じてしまったり、単元株制度下では、単元未満株化してしまい、議決権がなくなったり減るなどしてしまうからです。ですから、株式併合は株主総会の特別決議を通過するなど、いくつかの厳しい制限を満たしたケースのみに認められます。反対語は「株式分割」。株式分割は株式併合と違い、株主に不利益をもたらすわけではないため、取締役会の決議でできます。



株式・FX取引・経済の専門用語について のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真