×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

源泉分離課税とは。

源泉分離課税とは

株式譲渡益課税の方法のひとつ。株式を売りはらう際に、売却代金の1.05%分が自動的に税金として源泉徴収される仕組みです。源泉分離課税の制度をうまく使うと確定申告は不要でした。昔は、株式譲渡益課税の方法は源泉分離課税と申告分離課税のうちから選ぶことが出来ましたが、このところでは、申告分離課税だけです。  



株式・FX取引・経済の専門用語について のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真