×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストキャスティクスとは。

ストキャスティクスとは

アメリカのジョージ・レーン氏というチャート分析家によって考案されたもので、「買われ過ぎ」「売られすぎ」の判断をするオシレーター系のチャート分析手法のひとつ。ストキャスティクスは高値・安値・終値の3種類を使って作成される。過去9日間における高値と安値に対して、終値がどの位置にあるかを数値化することによって株価の推移動向を判断します。ストキャスティクスは0〜100%の範囲で動き、30%以下では売られ過ぎ、70%以上は買われ過ぎの水準と見られます。



株式・FX取引・経済の専門用語について のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真