×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

裁定取引とは。

裁定取引とは

価格変動において、同じ特性を持っている2つの価格差をとらえた取引のこと。現物と先物の差が理論値と乖離しているときをはじめとして、同じ銘柄の有価証券が市場によって異なる値段で取引されてる場合や、同一の先物でも異なる受け渡し期限の間で差があるときに、割安な値段のほうを購入し、割高な値段のほうを売却ということで、利ざやを取得しようとして行う取引です。そのほか「サヤ取売買」、「アービトラージ」などとも呼ばれます。裁定取引が繰り返されると金額の差が縮まっていきます。



株式・FX取引・経済の専門用語について のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真